包茎手術後について

さて包茎手術を行おうと思った人が疑問に思うのが、「手術した後はどうなるの?」ということじゃないでしょうか。手術直後は痛みなどが残り勃起しない(してしまったらさらなる痛みを伴う人もいるようです)のですが、数日もすると痛みもなくなり朝立ちが発生します。勃起させてしまったら極力刺激を与えず鎮めないと痛みを伴ってしまいきついです。勃起を沈ませる手っ取り早い方法は排尿です。トイレに駆け込むようにしてください。

ちなみに勃起時の痛みがどれほど続くのかということですが、2週間程度です。2週間程度で抜歯ができるので糸を抜いてしまえばそれくらいで痛みを感じることが無くなります。また九州糸を使用した場合自然に糸が取れるのを待つしかなく、1か月程度要します。(3週間当たりから徐々に糸がとれていくので完璧に糸kがなくならなくても痛みは少なくなっていきます)

性行為を再開させるには3週間から1か月かかります。もっと早くできるという人もいますが、やはり手術をしているので用心するのに越したことはありません。また勃起時の痛みにより早くエッチしたいと思うことも少なくなることが多いのでその件に関してはあまり心配しなくてもいいと思いますよ。

包茎だとどうなるか

包茎でもいままでそうだったから特に不便を感じないと思っている人は多いです。しかし包茎の場合恥垢(一般的に言われるチンカスといわれるやつです)がたまりやすいのです。毎日洗えば特にケアをしなければ不衛生な状態になり痛みを伴う場合があります。

その痛みが亀頭包皮炎です。包皮と亀頭の間に恥垢がたまりさらに最近が入り込むと炎症を起こしてしまうのです。いろいろなものを触った手でちんちんをいじったりすると亀頭包皮炎になりやすいので気を付けてください。マスターベーションをする回数が多いという人も気を付けたほうがいいでしょう。

そうなってしまった場合の治療法ですが、皮をむいて亀頭に抗生物質の軟膏を塗るのが一番効果的です。それと同時に抗生物質を服用すれば数日で治すことができるでしょう。そして一番の防衛策はとにかく清潔に保つということです。特に入浴時に丁寧に洗うというのが一番簡単で一番効果が出る方法です。

とはいえ一度亀頭包皮炎になったらなりやすくなってしまうという人も多いのでそうなった場合はやはり手術するというのが一番の治療法だと言えます。こじらせてしまうと厄介なので恥ずかしがらず病院に行くことをお勧めします。

包茎手術をしよう!

包茎でも痛いわけでもないし、特に生活に支障をきたすわけでもない。そのため手術に踏み切るというところまでしない男性は多いです。その反面エッチする際に彼女にどう思われるだろうとか、包茎であることでいまいち自信を持てないという人は少なくありません。

包茎手術をしたという意見をあまり聞かないため手術にどれくらいの費用や日数がかかるかもわからないという人も多いでしょう。手術というからにはかなりの高額がかかり何日間か病院にいなければいけないと思っていませんか?店によって価格の違いや手術時間の違いはありますが、料金は30000~70000円程度、手術日数は1日でカウンセリングも合わせて2~3時間程度で終わるのが相場です。

簡単に包茎手術の基本的な流れについて紹介したいと思います。まずは診察、カウンセリングの予約をします。ここで来院日手術予定日等を決めます。24時間のフリーダイヤルのところが多いです。予約が取れたら来院します。簡単な質問等を受けたり普通の病院と同じように問診票などの記載と同じようなものです。その後カウンセリングを行います。不安や悩みを相談するといいでしょう。ここまでは無料です。カウンセリングを聞いて手術するのをやめるというのもありです。

さて納得したら施術開始です。1時間程度で終わり手術後は帰宅できます。シャワーは翌日から浴びて大丈夫ですがセックスは3週間から1か月程度控えたほうがいいでしょう。